らくえいご

英語を鬼滅の刃などのマンガ等で楽しく学ぶブログです。TOEIC,英検に出てくる単語、英会話表現などを扱います。

プログリット発”シャドテン”体験談【無料体験もあり】専属コーチが自分のシャドーイングを添削してくれるサービスはどんな感じ?

英語のリスニングに苦手意識がある人は多いと思います。文章は読めても、音声になると聞けない。そんな悩みはないでしょうか。

 

英語を聞けるようになるには、シャドーイングをすることが効果的と言われています。

 

今回は、英語コーチングサービスで有名なプログリットが開発したシャドーイングに特化したコーチングサービス「シャドテン」の体験談について書いていきます。

シャドテン

 

シャドーイングって何?それでリスニング伸びるの?

シャドーイング(Shadowing)は、英語を聞きながらそれを真似して発音する練習法です。

そのためには集中して聞く必要があり、結果としてリスニングの力も上がります。

もちろん、スピーキングの練習にもなりますし、聞こえてきた音をそのまま自分で声に出すので発音の練習にもなります。

 

「英語は読めるし、それぞれの単語の発音は聞いてわかる。でもナチュラルスピードで話されるとわからない」という方は多いと思います。

その原因としては、「音の連結(リンキング)が聞き取れない」ことや「音が変化している部分を聞き取れない」ことがあげられます。

 

・音の連結(リンキング)の例

      from the [nearest school and]......

       [ニアレスト スクール エアンド]ではなく[ニアレスクールエン]と聞こえます

 

・音の変化の例

 子音のTの音は、母音に挟まれるとラ行もしくはダ行の音に変化します。(フラップのTという呼ばれ方をするようです。

 例えばcapacities は、厳密には[キャパァスィティズ]ではなく[キャパァスィ"デ"ィズ]と発音されます。

  

実際にシャドーイングをしてみることでそのような音に気が付くことができ、聞こえてくる音の意味が理解できるようになり、結果リスニング力が上がります。

 

 

シャドテンとは?シャドーイング練習のコーチングをしてくれるサービス

  

上に書いた通りシャドーイングは英語練習法としてとても優れています。

でも...一人でやるとだんだん飽きてきてモチベーションが続かないんですよね...。

一人でやっていると、自分が本当に成長しているのかもわからないので人からのフィードバックもほしいところです。

 

そんな孤独な勉強法であるシャドーイングを応援するサービス、それがシャドテンです。

 

"効果的なシャドーイング"を行っていくためには、継続が必要です。とはいえ、一人だと「ちゃんとできているか不安になる」学習法なので、プロが伴走してくれたほうが継続が見込めると思います。

 

どんなコースがあるの?どういう風に使うの?

独学でシャドーイングをすると、まず教材を探してきて、もし内容にわからないところがあれば意味を理解してからシャドーイングに取り掛かりますが、それだけで一苦労・・・。続く気がしません。

 

その点、シャドテンならシャドーイングの教材は300以上の音源があるので、自分のレベルにあったもの、興味のあるものを選ぶことができます。アクセントも、様々な国のものがあります。(7カ国あるようです。)

和訳も対比させて見ることができるので、もし英語の意味がわからなければ調べるのも簡単です。

 

 

 

・Japan Timesのトピックス

 (有名人のスピーチや、実際に社会で話題になっていることに対するインタビューなどのリアルな音源となっています。)

TOEIC関連トピックス

VOA (Voice of America)の記事音声

 

 音声のスピードはWPM(Words Per Minute 1分間に話される単語数)で表されています。

 

基本的に、リスニングが苦手な人や英語学習初心者はWPM100ぐらいから始めるのがいいかもしれません。VOAはWPM100で、発音もきれいなので聞きやすいです。


TOEIC関連トピックスは、とりあえずTOEICに挑戦して点を上げたい人向きでしょうね。ボキャブラリーや話題もTOEICで出てくるものです。


Japan Timesは、ビジネスでの実践的なリスニング力を上げたい中級〜上級者向けだと感じました。

 

TOEFLやIELTSの対策も可能とのことです。 

 

実際に使ってみました!シャドテン体験談 使い方も

 

私の英語歴は以下の通りです。

 

大学時代に1年間のカナダ留学経験あり。英語は相当抜けてます。

TOEICは、かなり前に受けたきりの900overですが、実際のビジネス英語には頭を悩ます日々・・・。仕事での英語使用は書面やメール程度。

ニュースやTED、ドキュメンタリーなどはほぼ問題なく聞けますが、映画やドラマはきつい時も多いです・・・。

英検は準1級(どまり)。バリバリの日本人訛り英語。

 

 

さて、やってみましょう。

サービスを開始するにはスマホさえあればOKです。LINEで友達になり、アプリをダウンロードします。

このスマホで完結するのがお手軽でいいですね。続けやすいと思います。

 

ダウンロードから実際の練習の詳しい流れは、動画などを用いたチュートリアルがあるので非常にわかりやすかったです。

 

 

 最初にレベルチェックを受けました。レベルチェックといっても、提示された3つの音源を聞いて自分で聞き取りやすかったものや興味のあるものを選ぶというものです。(現在はアップデートされており、ディクテーションテストに形式が変わっているようです。)

 

私はミッシェル・オバマが来日した時の女子教育の重要性に関するスピーチ(シャドテンではMultiplyと表記)を選びました。

 

個人的にとても好きなスピーチです。全文はこちらのサイトでも見ることができます。

https://amview.japan.usembassy.gov/michelleobama-speech-japan/

 

やり方(1日目の流れ)としては、以下の通りです。

 

①課題の音声を集中して聞く(2〜3回が目安)

 

スクリプトを読み、内容を確認する。和訳も見られるので、わからないところがあればチェック

 

③英文スクリプトを見ながら、10回ぐらい英語音声と同時に発話するトレーニングを行う

 

慣れない人や、時間がない場合はここで録音して提出しても大丈夫とのことです。

 

聞けるスピードでも、実際にそのスピードで話すと難しいですよね...。いい練習です。

 

④英文スクリプトを見ずに、シャドーイングを行う。15回が目安。

 

これは、音源と同時に話すのではなく、2〜3語遅れて話すのがポイントとのことです。

音源だけを頼りにするので、なかなか集中力がいります...

 

そして、シャドーイングを録音して提出します。 録音は何回でもできるので、うまくいったものを選んで送ることもできます。

 

 24時間以内に、コーチから添削が返ってきますので、アプリで確認します。

 

Good PointとImprovement pointの両方のフィードバックがもらえます。

 

 

 

f:id:raku-eigo-momo:20210415220619j:plain
f:id:raku-eigo-momo:20210415220638j:plain
添削結果



 

フラップのT! 意識したことがありませんでした...。

 

意識していなかった音に気が付き、正しくシャドーイングをするためには添削はとても有効ですね。

シャドーイングは間違った音のまま行うと効率が下がってしまうようです。

 

2日目以降はその添削を元に同じ課題を繰り返します。

トークアバウトではなく、トーカバウッ!

 

一つの課題を3〜4日繰り返し実践し、完全に再現できるようになったら次の課題に進みます。

  

 

LINEでもスタッフの方からメッセージをいただくことができます。英語学習全般のアドバイスももらえます。

 

f:id:raku-eigo-momo:20210415212239j:image

 

発音のコツとして、こんな動画ももらいました。

 

  

youtu.be

 

どんな人におすすめ?英語が苦手でも大丈夫?

 

これまでのシャドーイング学習を経験されている方、もしくはシャドーイング自体は知ってるけどやったことがない方などはおすすめだと思います。

 

レベル感ですが、個人的な見解では高校英語のリーディングの内容がわかる方なら問題ないと思います。

英検2級ぐらいまでの文法やボキャブラリーは一通り復習した後でこのサービスを利用することをおすすめします。(その方が効率よく学べると思います。)

 

「高校英語は修了しているけれど英語が苦手。TOEICはリスニングが苦手で、トータルは500点ぐらい・・・」などという方には、リスニング強化策として使っていただけると思います。

 

 「TOEICのリスニングは割と点数がよいし、英語ニュースなども聞ける。でも実際にビジネスで外国人とやりとりするのに苦労している・・・」という方にもおすすめです。

Japan Timesのトピックスの中には、ビジネスレベルでナチュラルスピードの教材もあるので、実践的な英語が学べると感じました。

 

 

 シャドテンの注意点とデメリット 

 

「リスニングコーチに発音のアドバイスがもらえる 」のですが、注意点としては発音のアドバイスはリスニング力向上に特化したものとなっています。例えば、音が連結して変化していることをとらえて発音しているかどうかをアドバイスしてもらえます。(例 :talk about は”トークアバウト”ではなく、"トーカバウ"になる、など) 

つまり、「きれいな発音であるか」「実際に通じるか」ということについてのアドバイスでありません。(明らかに間違っている場合は訂正してもらえるそうです。)

 

デメリットをあげるとすれば、お値段がかなり張るということでしょうか・・・。ただ、コーチングサービスを受けることによって短期間でのリスニング能力の向上が得られると思うので、お金がかかってもよいから結果達成を急ぎたいという方には良いのではないでしょうか。(海外赴任希望、昇進試験にTOEICの点数が必要等)

ビジネスパーソン向きですね。

 

メリットもデメリットも、7日間の無料体験で実際に確かめられます

 

無料で7日間のトライアルが受けられますので、興味のある方はご自身で試してみてください。メリットもデメリットも確認できると思います。

 

シャドテン