CALENDAR
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<  2016 - 05  >>
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
    処理時間 0.607927秒

BBS
ヘンリ-のサイト
英借文
イラストデザイン
イラスト

いとうこずえと

Phot ST
4235256


剣客商売 Swordsman's Business (93)
背を向けたまま、痰(たん)がからんだような声で、とぎれとぎれにいいさした佐々木三冬が、ぱっと振り向き、小兵衛の背後の竹藪(たけやぶ)を見た。Mifuyu said intermittently with her back to him, and suddenly looked back at the bamboo grove at the back of Kohei.
早くも三冬の手は刀の柄(つか)にかかっている。She already puts her hand on the hilt of her sword.
秋山小兵衛も、腰をおろしたまま、ゆっくりと振り向く。Sitting on a stone, Kohei also looked back slowly.
そのとき竹藪の中から、湯殿の外側の草地へあらわれた五人の男が、いっせいに抜刀し、こちらへ肉薄して来た。At that moment the 5 men appeared to the grassland, drew their swords, and closed up on us.
「先夜の、やつどもだな」 "The guys who came last night!"said Kohei,
いったかとおもうと、立ちあがりもせずに小兵衛が傍らの薪をつかんで、ひょいひょいと五人へ投げつけたものである。and instantly threw firewoods one by one to the 5 men without standing up.


| henry | 00:01 | comments (x) | trackback (x) | E エピソード |
この記事のトラックバックURL
http://raku-eigo.com/tb.php?758
新着トラックバック
剣客商売 Swordsman's Business (92)
小麦色の佐々木三冬の男装ゆえに、妙に少年じみた顔が燃えるような血の色をのぼせているではないか。Mifuyu Sasaki in male dress has a boyish light brown face shining blood-redish.
「‥‥?」秋山小兵衛は、ぎょっとなった。 "--- ?" Kohei Akiyama had a scare.
「存じませぬ」 "I have no idea."
くるりと、三冬が小兵衛に背を見せ、両のたもとで面をおおった。Mifuyu turned showing her back to Kohei, and covered her face with both of the sleeves.
これには、小兵衛もおどろいたらしい。Kohei got surprised at this, lifted himself off the seat, and stared at her.
おもわず腰を浮かせ、目をみはり、口をもぐもぐさせている小兵衛へ、To Kohei who numbled,
「一昨夜、あのときの‥‥先生の、おはたらきのお見事な・・・・それを‥‥それを見て、わたくし‥‥」 "At that time the night before yesterday, I--, I saw Sensei do a great job, ----."


| henry | 00:07 | comments (x) | trackback (x) | E エピソード |
この記事のトラックバックURL
http://raku-eigo.com/tb.php?757
新着トラックバック
剣客商売 Swordsman's Business (91)
「何故、女のいのちが剣なのだ?」 ”Why is the woman's life the sword?"
「剣をもって立つとき、迷いが消えます」 "When I stand with the sword, doubts disappear."
「では、迷いがあるわけじゃな?」 "Then, do you have doubts?"
三冬は、こたえはなかった。Mifuyu did not answer.
「男は、きらいかね?」 "Do you dislike men?"
たたみこむような小兵衛の問いに、三冬が「きらい」とこたえ、すぐさま「秋山先生は、別」と、いった。Against Kohei's prompt question, Mifuyu replied "Yes." and instantly continued, "Except Akiyama sensei."
口調が急に甘やかなものに変わったので、小兵衛がおどろいて、三冬を見た。As Mifuyu's tone of voice suddenly changed to a sweet one, Kohei got supprized and looked at Mifuyu.
解説
・同じ「驚いた」でも、got supprized と was surpprized はどう違うのか?
前者は「驚いた」というその時の動作を表し、後者はその時の「驚いていた」という状態を表します。ここでは、驚いた、という動作です。

| henry | 14:05 | comments (x) | trackback (x) | E エピソード |
この記事のトラックバックURL
http://raku-eigo.com/tb.php?756
新着トラックバック
剣客商売 Swordsman's Business (90)
「御老中の威勢が、気にくわぬか?」"You don't like the power of the chief councilor, do you?"
「汚ならしいとおもいます」 "I think it dirty."
「政事(まつりごと)は、汚れの中に真実(まこと)を見出(みいだ)すものさ」 "The politics means finding the truth in the dirty world."
「わかりませぬ」 "I don't follow it."
尚も薪を割りつづけている小兵衛の顔を、まばたきもせずに三冬が凝視していた。Mifuyu was watching the face of Kohei who kept chopping firewood.
その三冬の双眸(ひとみ)が、しだいに強い光を帯びてきはじめた。"Mifuyu's eyes began to shime more and more.
小兵衛は視線を薪割りからはなさず、Without sliding his eyes off, Kohei said,
「さほどに、剣術が好きかえ?」 "You like swordsplay so much, do you?"
「はい。三冬のいのちです」 "Yes. It's Mifuyu's life."


| henry | 22:03 | comments (x) | trackback (x) | E エピソード |
この記事のトラックバックURL
http://raku-eigo.com/tb.php?755
新着トラックバック
剣客商売 Swordsman's Business (89)
「剣客というものには、このような平穏めでたき世の中においても、いろいろと危ういことがあるものじゃよ。女の身で、それをお覚悟の上かえ?」 "Even in these peaceful days, a swordsman may meet some dangerous events. Is a swordswoman like you aware of that?"
「は‥‥」 "Yes?"
「現に見なされ。"You know.
巷のごろつきどもでもあることか‥‥Ruffians may do so. れっきとした五千石取りの大旗本が何のわけがあったか知れぬが、せがれの嫁に迎えようという女の両腕の骨を、いかがわしき曲者どもをつかって叩き折ろうという。But how come a highly respectable 5,000 koku direct retainer asked ruffians to try to break bones of both arms of a woman who was scheduled to become the wife of his son.
まことにばかばかしい世の中になったものよ」 How ridiculous it is to have such a situation!?"
「それもこれも、武士たるものの覚悟がないから‥‥」 "Well, that's because he was not aware of the swordsman's spirit."
「もうよいわえ。のう、むすめご。田沼さまのもとへ、帰ったらいかがじゃ?」 "So much for today. How about going back to Tanuma's residence?"
「父が‥‥父が、もっと別のお人でしたら‥‥」 "If my father were a different person, ---."
解説
・You know.は、相手の注意を促す熟語です。
・how come ---- ? は、---- はどうして起きたのでしょうか? という意味の熟語です、「~あったか知れぬが」の訳です。
・So much for todayは、今日のところはこれでおしまい、という意味の熟語です。



| henry | 00:00 | comments (x) | trackback (x) | E エピソード |
この記事のトラックバックURL
http://raku-eigo.com/tb.php?754
新着トラックバック
剣客商売 Swordsman's Business (88)
大川に沿った岸辺の枯蘆(かれあし)の上を、千鳥の群れが飛び去って行くのが見えた。A group of plovers were seen flying off over the discolored reeds along th shores of the Ohkawa.
おはるは、実家の父親が持って来た正月の餅を、川向うの大治郎の道場へとどけに行っている。Oharu went to Daijiro's swordman hall over the river in order to bring him newyear's rice cakes given her by her father.
無心に薪を割りつづける小兵衛の前に、人影が立った。A figure stood in front of Kohei who was cutting firewood innocently.
「一昨夜は、危ういところをお助け下され、かたじけのうございました」 "Thank you for helping me at a narrow escape the day before yesterday."
と、三冬が硬い声であいさつをした。, said Mifuyu by her rigid voice.
「ここが、どうしてわかった?」 "How did you know this place?"
「牛堀九万之助先生に、うかがいました。かねてより秋山先生の尊名を存じおりました。"I was told by Mr. Kumanosuke Ushibori. I had known the name of Akiyama sensei.
なれど、一昨夜は、あまりにもおもいがけぬことにて、失礼を‥‥」 But the day before yesterday, it was a big surprise, so I'm sorry I couldn't speak to you."






| henry | 00:00 | comments (x) | trackback (x) | E エピソード |
この記事のトラックバックURL
http://raku-eigo.com/tb.php?753
新着トラックバック
剣客商売 Swordsman's Business (87)
八 8

翌々日‥‥。The say after next ----.
秋山小兵衛は、鐘ケ淵の隠宅の裏手で、薪(まき)を割っていた。Kohei Akiyama was chopping firewood at the back of his house in Kanegabuchi.
風もなく、あたたかに晴れわたった冬の午後である。It was a fine, warm winter afternoon without wind.
石の上に腰をおろした小兵衛は、まるで、鋏(はさみ)で紙を切るように薪を割っていた。Sitting on a large stone, Kohei was chopping wood as if he were cutting a paper with cissors.
薪割りを持つ小兵衛の手がうごかぬほどにうごいている。His hand holding choppers is moving a little as if it did not move.
薪割りの刃が軽くふれただけで、薪が二つに割れ四つに割れてゆくのだ。By just like the chopper blade lightly touching the wood, the wood was devided into two and four.


| henry | 00:00 | comments (x) | trackback (x) | E エピソード |
この記事のトラックバックURL
http://raku-eigo.com/tb.php?752
新着トラックバック
剣客商売 Swordsman's Business (86)
「退屈だったからさ」 "Because I was bored."
「何ですと?」 "What?"
「なるほど、これでは、当分、嫁にも行けまい。おもったより、ひどい牡馬(めうま)だ」 "Of course, you may not get married for a while. You are a more terrible female horse than what I thought.
「う、馬?」 "A horse?"
「気をつけてお帰り」 "Get back with care."
いうや、矮躯(わいく)の小兵衛が、自分の倍もあろうかとおもわれる曲者の気絶したままの体を、軽がると肩に担ぎあげ、すたすたと闇の中へ消え去った。said short Kohei, who shouldered the fainted ruffian almost twice as big as himself, as if he were light, and walked off into the dark.
これには、さすがの佐々木三冬も瞠目(どうもく)したまま、声が出なかった。Strong swordswoman though Mifuyu Sasaki was, she couldn't utter a word.
この夜の雪は、積もらなかった。This night snow did not pile up.
解説
Of courseは、通常「なぜならば」という意味に使いますが、ここのように、「なるほど」という意味にも使います。
twice as big as himselfの言い方を使って、「この3倍も大きなみかん」は「three times as big an orange as this」と言います。この言い方を覚えておくと便利です。
as if he were light、これは、現実は軽くlightないのに、あたかも軽いように、という仮定法の表現です、従って、heの次に複数のbe動詞wereが来ています。
「さすがの佐々木三冬も」は「さすが佐々木三冬も強い剣士だったけれどもStrong swordswoman though Mifuyu Sasaki was,」と訳します。




| henry | 00:00 | comments (x) | trackback (x) | E エピソード |
この記事のトラックバックURL
http://raku-eigo.com/tb.php?751
新着トラックバック
剣客商売 Swordsman's Business (85)
「わしの名を‥‥」 "You know my name?"
「いま、曲者(くせもの)に名乗られたのをきき申した」 "Just now I heard you say your name to the ruffians."
「ふうん」 "Ah so."
このとき、気がついて逃げにかかる三人の曲者のうちの一人へ、小兵衛が鼯(むささび)のごとく踊りかかって当身(あてみ)をくらわせた。Kohei rushed to one of these ruffians who came to life and started to run away, and hit him on his chest.
「むう‥‥」 "Muu!"
ぐったりとなったその曲者を捨てて、残る二人は夢中に逃げ去った。The other two ran away leaving the crouching guy here.
「秋山どの。何故、私の後をつけられた?」 "Mr. Akiyama, why did you follow me?"
「三日も、な」 "For as long as three days."
「理由(わけ)をおきかせ願いたい」 "Could you tell me why?"
解説
hit him on his chest=当身をくらわせた=彼の胸を叩いた。他の例:「頭を叩いた」は「hit his head」とは言わずに「hit him on his head」と言います。
「三日も」の「も」は、three daysと同じくらい長いas long as 間にFor、という風にas ---- as を使います。

| henry | 00:00 | comments (x) | trackback (x) | E エピソード |
この記事のトラックバックURL
http://raku-eigo.com/tb.php?750
新着トラックバック