CALENDAR
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
<<  2017 - 07  >>
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
    処理時間 0.634989秒

BBS
ヘンリ-のサイト
英借文
イラストデザイン
イラスト

いとうこずえと

Phot ST
3318667


剣の誓約 A vow of sword (20)
十年前の約定・・・「・と申されますと、私が、父の手もとをはなれ、大原の老師のもとへまいってより、間もなくのことで・・・・」"A promise of 10 years ago. That's some time after I left home and went to my old teacher's in Ohara,"
「そのころ、わしが老師のもとをはなれ、三月(みつき)ほど留守にしたことをおぼえていよう」 "You remember at that time when I left my old teacher and away from home for about 3 months,"
「あ・・・・」 "Yeah ----"
「おもい出したようだな」 "You seem to have recalled your memory."
しわの深い鶴岡礼蔵の口もとがゆるみ、すぐに、一文字(いちもんじ)に引きむすばれた。Reizo Shimaoka's lips curled in a smile, and then closed tight.
背中をながし終わった大治郎が礼蔵を風呂桶に入れ、Daijiro washed his back and put Reizo in the bathtub.
「遺恨試合、でしょうか?」と、問うた. "A grudge match?" asked he.
礼蔵の細い両眼には、何の光もなく、淡々として、「そうもいえよう、な」 With Reizo's eyes half-closed and not shining, he said indifferently, "It can be said so."

| henry | 12:58 | comments (x) | trackback (x) | E エピソード |