CALENDAR
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
<<  2017 - 11  >>
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
    処理時間 0.481171秒

BBS
ヘンリ-のサイト
英借文
イラストデザイン
イラスト

いとうこずえと

Phot ST
3518640


剣の誓約 A vow of sword (19)
剣客の宿命というものだ。"It's a fate of a kendo master.
いま、わしは、大和・芝村の大庄屋(しょうや)で、兄の鶴岡八郎右衛門の屋敷にいて、余生を送るに、なんの不足もない。I live in a premise of my brother Hachirouemon Tsuruoka who is the village headman of Shibanura, Yamato. I'm short of nothing in the rest of my life.
老いた兄夫婦も、若い兄の子たちも、幼い兄の孫たちも、長い間、故郷へもどらなかったわしを、あたたかく迎え入れてくれた・・・・My old brother couple and their children warmly welcome me in spite that I have been away from my hometown for a long time.
独り身の、名もなき老剣士のわしが、いささかの邪魔にもならぬほどに兄は富んでいる。He is rich enough to take care of an old, nameless, single swordsman like me.
七年前、老師・辻平右衛門先生が大原の里に亡くなられたときは・・・・」 Seven years ago when the old teacher Heiemon Tsuji passed away in the country of Ohara ----"
「剣を捨て、一介の老爺(ろうや)となって余生を送る、と、申されましたな」 "You said you would forget about the sword and live the rest of your life as a mere oldman."
「いった。なれど、そうはまいらぬ。相手は、十年前の約定を忘れてはいなかった・・・・ "Yes, I did. But I can not. The opponent has not forgotten about the promise of 10 years ago.
年の春に、その男から念押しの手紙が大原へ来て、大原から兄の屋敷へ送りまわされてきた」 Last spring a letter of reminder came from him to Ohara, and it was sent from Ohara to my brother's residence.
解説
・I'm short of nothing の short of は「~が不足している」という意味の熟語
・passed away は、「死んだ died」の同意語で、diedより柔らかく聞こえます。
・Yes, I did. のdidは、前文のYou said の said の代りの動詞(代動詞)です。
・reminderは、動詞「remind思い出させる」の~をする人(もの)、という意味です。英会話ではよく使います。

| henry | 10:49 | comments (x) | trackback (x) | E エピソード |