CALENDAR
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<  2017 - 05  >>
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
    処理時間 0.491377秒

BBS
ヘンリ-のサイト
英借文
イラストデザイン
イラスト

いとうこずえと

Phot ST
3219489


剣の誓約 A vow of sword (17)
大治郎は、大和の国から一気に江戸へ到着した礼蔵のために、久しぶりで風呂をたてた。Daijiro got a bath ready after a long time for Reiso who arrived at Edo without stopping from Yamato.
湯がわくと礼蔵を入れ、背中を流しにかかる。細身ではあるが、鉄線を何条もより合わせたような鶴岡礼蔵の体躯(たいく)であった。When the bath got ready, he put Reizo in the bath, and washed Reizo's back. He was slim, but stout like a barbed wire.
白いものがまじった総髪とは別人のように引きしまった、鍛練しつくした肉体なのである。Unlike a man with his salt and pepper head, he had a firm body fully trained.
「小兵衛殿は、お元気か?」 "Is Kohei well?"
湯気の中で礼蔵の声がやわらいだ。Reizo's soft vioce came from inside the bath.
「川向うに住んでおります。父も、鶴岡先生が見えたことを知ったなら、どのようによろこびますことか。知らせてまいります」"He lives over the river. He will be very pleased to know you are here. I'll go to tell him."
「無用」と、これは厳然たる声音(こわね)であった。"No need!" said he in a solemn voice.


| henry | 00:33 | comments (x) | trackback (x) | E エピソード |