CALENDAR
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<  2018 - 06  >>
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
    処理時間 0.46021秒

BBS
ヘンリ-のサイト
英借文
イラストデザイン
イラスト

いとうこずえと

Phot ST
3963171


剣の誓約 A vow of sword (7)
こうして秋山大治郎は、初の入門者を三日でうしなった。This way Daijiro Akiyama lost his first disciple in 3 days.
だが、高尾勇次郎が入門にさいしておさめた束脩(そくしゅう)の金で米・味噌をあがない、But he bought rice and miso by the money of the entrance fee paid by Yujiro Takao,
半年に一度、支払う取りきめになっている百姓の女房の給金をわたすことができた。and could give the farmer's wife the wages to be paid once half a year.
飯も汁の実も、噛(か)んで噛んで、強いていえばほとんど唾液化するまで噛みつぶし、腹へおさめる大治郎の食事は非常に長くかかった。He chewed and chewed rice and ingredients of the soup until they became liquid.
つまらぬように見えても、大治郎にとっては、これが剣士としての心得であり、Boring it might seem, Daijiro understood it was a skill for swordsmen, and it was the first step for him that had been taught by his father Kohei.
幼少のころから父・小兵衛に仕つけられた修行の第一歩だったといってよい。

| henry | 17:44 | comments (x) | trackback (x) | E エピソード |