CALENDAR
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
<<  2018 - 04  >>
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
    処理時間 0.464524秒

BBS
ヘンリ-のサイト
英借文
イラストデザイン
イラスト

いとうこずえと

Phot ST
3852250


剣の誓約  A vow of sword (6)
二十三歳の高尾勇次郎は一日目に五十回を振ってやめ、二日目にはふらふらと八十数回。Twenty-three years old Yujiro Takao finished his swings 50 times on the 1st day, and went to eighty-several times on the 2nd day.
三日目には百回で、道場にへたりこんでしまい、On the 3rd day, he sank down to the floor after 100 times.
「二千遍、振れるようになるまで、稽古をつけては、いただけませぬか?」"Can't I have lessons before I can swing 2,000 times?" said he to Daijiro swelling his cheeks.
頬をふくらませて、大治郎にいった。
「いかにも」と、一言。大治郎はにべもなかった。"That's right." Daijro made a curt reply.
翌日から、もう高尾勇次郎は道場にあらわれなかった。From the next day, Yujiro Takao did not appear in the kendo hall.
これまでに、どこぞの道場へ通っていて、すこしは木刀や竹刀(しない)をあつかい馴れていた勇次郎だけに、He had been going to a kendo hall and used to handle wooden or banboo swords, so he semmed to become absurd in spite that his father told him to go to Akiyama's kendo hall.
いくら父・左兵衛が「これよりは秋山道場へ行け」と指図したにせよ、ばかばかしくなってしまったものと見える。
個人道場で暮らしをたてていくからには、弟子たちを適当にあしらい、たまさかには一つ二つ撃たれてやって、弟子たちのきげんをとるのが当節なのである。In order to live a life in an individual kendo hall, the teacher has to satisfy his discipes by dealing with them properly and being hit by them once in a while.
解説
・once in a while は「たまには」という意味の熟語です。sometimesより頻度が少ない表現です。

| henry | 21:02 | comments (x) | trackback (x) | E エピソード |