CALENDAR
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28    
<<  2018 - 02  >>
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
    処理時間 0.487766秒

BBS
ヘンリ-のサイト
英借文
イラストデザイン
イラスト

いとうこずえと

Phot ST
3681563


剣の誓約 A vow of sword (5)
昨年の夏、秋山大治郎が、老中(ろうじゅう)田沼意次(たぬまおきつぐ)の中屋敷(別邸)でおこなわれた剣術試合にみごとな手練(しゅれん)を見せたのを知っていた七百石の旗本で、湯島植木町に屋敷
をかまえている高尾左兵衛が、次男・勇次郎を、Sahei Takao is a 700-koku direct retainer of the shogun having his residence in Yushima-Uekicho and knows that Daijiro Akiyama showed a great skill in a swordplay match held last summer in a villa of Okitsugu Tanuma, a senior councillor of the shogun. He sent his second son Yujiro together with his servant to Daijiro's kendo hall on January 18 to ask Daijiro to accept him as a disciple.
「ぜひとも門人に・・・・・」
と、用人をつきそわせ、この正月十八日に、大治郎の道場へさしむけてよこした。
「お引きうけいたしましょう」と大治郎は、その日から勇次郎に、四貫目の振棒(ふりぼう)をあたえた。Daijiro accepted his request, and on that day he gave Yujiro a 15-kirogram rod which was thick evergreen oak and 6-feet long with a barbed wire attached.
赤樫(あかがし)でつくられた振棒は六尺余のふといもので、これに鉄条がはめこまれている。
その重い振棒を、「先ず、二千遍は振れるように」Daijiro said to him, "Swing it 2,000 times."
大治郎は、そういうのである。


| henry | 08:58 | comments (x) | trackback (x) | E エピソード |