CALENDAR
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28    
<<  2018 - 02  >>
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
    処理時間 0.48167秒

BBS
ヘンリ-のサイト
英借文
イラストデザイン
イラスト

いとうこずえと

Phot ST
3681583


S はい、どうぞ。
私が或る英会話場面(テーブルで食事)を作っているとき、1つの疑問が出て来ました:
「お塩取ってちょうだい。Can you pass me the salt?」
「はい、どうぞ。Here you are. なのか? Here you go. とするのか?」
英和・和英辞書や電子辞書でも確かめましたが、「はい、これです。はい、どうぞ。こちらになります。さあどうぞ。」と、相手が求めていたもの、欲しがっていたもの、探していたものなどを相手に差し出すときに言う、とは書いてありますが、その違いは示していません。

そこで、私の米国の友人にEメールで問い合わせました:
When some are having lunch, A says, "Can you pass me the salt?"
Then B may say, "Here you are." or "Here you go."
My question is:
What is the difference? No difference? Which is more frequently used? 何か違いはありますか? どちらがより頻繁に使われますか?

すぐ返事が来ました:
I think that either response is used equally, and mean the same thing. "Here you are" may be a little more formal, but either would be totally acceptable.
どちらも同じような頻度で使われます、そして意味も同じです。「Here you are.」の方が少し改まった言い方です、しかしどちらを使ってもいいです。

この「少し改まった言い方」というのが、ネイテイブの語感ですね。つまり"Here you go."は「はい、これ。」という感じなのでしょう。


| henry | 00:00 | comments (0) | trackback (0) | S 聴く・話す(英語弁) |
コメント

コメントする
            







この記事のトラックバックURL
http://raku-eigo.com/tb.php?449
トラックバック