CALENDAR
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<  2018 - 07  >>
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
    処理時間 0.49169秒

BBS
ヘンリ-のサイト
英借文
イラストデザイン
イラスト

いとうこずえと

Phot ST
4013518


S 有声音と無声音
指をのどぼとけに当てて book を発音すると、「boo」のときはどぼとけが振動しますが、「k」のときは振動しません(「ku」と発音すると振動します)。振動する音を「有声音」、振動しない音を「無声音」と言います。英語の発音には無声音(f, k, p, s, t)がありますが、日本語は全て有声音の母音で終わる(a, ka, sa, ta, na, i, ki, si, ti, ni, など)ので、日本語の発音には無声音がありません。

複数の名詞や三人称単数現在形の動詞に「s」を付けるとき、その名詞や動詞が無声音(f, k, p, t)で終わる場合、その「s」も無声音(s ス)で発音します:books, breaks(破れる), surfs(サーフィンする), hops(跳ぶ), hips, pets, minutes, など。

その名詞や動詞が有声音で終わる場合、その「s」も有声音(z ズ)で発音します:boys, girls, hands, など。

しかし、別の単語だと、話が違います。例えば「have」は有声音「ヴ v」で終りますが、その後に無声音「t」で始まる単語「to」が続くと、「have to ハヴvツー」ではなく「ハフfツー」と発音します。つまり、無声音「t」に影響されて、有声音「v」が無声音「f」になるのです。無声音「f」で発音する方が言いやすいからです。その他の例は、「has to ハズzツー」ではなく「ハスsツー」と発音し、「もちろん of course オブvコース」ではなく「オフfコース」と発音します。

これとよく似た現象を紹介します。4は「four フォー」で4番目は「fourth フォースθ」、7は「seven セブン」で7番目は「seventh セブンスθ」ですが、5は「five ファイヴv」で5番目は「fiveth ファイヴスθ」ではなく、「fifth フィフスθ」と言います。つまり、「five ファイヴv」の語尾の有声音「v」が次に無声音「thスθ」を付けると、有声音vと無声音θを続けて発音しにくいので、「有声音v」を無声音「f」に変えて発音しやすいようにしたのです。15を「fiveteen ファイブvテイーン」と言わずに「fifteen フィフfテイーン」と言うのも同じ理屈です。25th ツウエニーフィフス、35th なども同じです。


| henry | 00:00 | comments (0) | trackback (0) | S 聴く・話す(英語弁) |
コメント

コメントする
            







この記事のトラックバックURL
http://raku-eigo.com/tb.php?351
トラックバック