CALENDAR
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
<<  2018 - 04  >>
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
    処理時間 0.503955秒

BBS
ヘンリ-のサイト
英借文
イラストデザイン
イラスト

いとうこずえと

Phot ST
3852223


D China の C
電話で、「私、宇賀と申します。」「どんな字を書くのですか?」「宇宙の宇に賀正の賀です。」 こんな経験はありませんか?

電話でホームページやEメールのアドレスを言うとき、B と D と G、P と T、N と M、は聴き分けにくいですよね。例えば、info@bpman.comを、アイ・エヌ・エフ・オー・アットマーク・ビー・ピー・エム・エイ・エヌ・ドットコム、と電話で言っても、相手が正しくアルファベットの綴りを書いているかどうか?
こんなときは、インドのアイ、ニッポンのエヌ、フランスのエフ、オーサカのオー、アットマーク、ボーイのビー、パリのピー、マニラのエム、アメリカのエイ、ニッポンのエヌ、ドットコム、と言うと、相手は綴りを間違わずに書けます。

電話で欧米人も同じことをしています。次のように下誰でもよく知っている地名等を使います。 皆さんも、国内国外を問わず、これを使うと正確に伝わります。

ちなみに、外国人には、@は「アットマーク」ではなく「アット」、“_” の呼び方は、「アンダーバー」ではなく「underscore」です。下

A of America           アメリカのA
(A like America とも言います)
B of Boy (又はBlue)       ボーイのB、ブルーのB
C of China             チャイナのC
D of Denmark          デンマークのD
E of England           イングランドのE
F of France             フランスのF
G of Germany (又はGreen)  ジャーマニーのG、グリーンのG
H of Hong Kong         ホンコンのH
I of India (又はItaly)      インドのI、イタリーのI
J of Japan (又はJack)     ジャパンのJ、ジャックのJ
K of King              キングのK        
L of London            ロンドンのL
M of Manila             マニラのM
N of New York          ニッポンのN、ニューヨークのN
O of Osaka            オーサカのO
P of Paris             パリのP
Q of Queen            クイーンのQ
R of Rome             ローマのR
S of Singapore         シンガポールのS
T of Tokyo             トーキョーのT
U of Union            ユニオンのU
V of Victory            ビクトリーのV
W of Washington       ワシントンのW
X of Xerox            ゼロックスのX
Y of Yokohama          ヨコハマのY
Z of Zebra             ゼブラのZ
| henry | 00:00 | comments (0) | trackback (0) | D データベース |
コメント

コメントする
            







この記事のトラックバックURL
http://raku-eigo.com/tb.php?31
トラックバック