CALENDAR
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28    
<<  2018 - 02  >>
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
    処理時間 0.433958秒

BBS
ヘンリ-のサイト
英借文
イラストデザイン
イラスト

いとうこずえと

Phot ST
3681534


剣の誓約 A vow of sword (9)
戸外に近づいて来る人の気配を知ったからだ。Because he noticed somebody coming closer outside the door.
父・小兵衛のではない足音が、道場の入口にとまり、The footsteps that were not his father Kohei's stopped at the entrance of the kendo hall.
「ごめん」しわがれた低い声がきこえた。"Excuse me." a husky low voice was heard.
戸締りもしていない土間へ大治郎が出て行くと、When Daijiro went to the earthen floor where the door was not locked,
「大治郎か・・・・・?」戸外の人が、声をかけてきた。"Daijiro?" a man outside the door spoke to him.
大治郎が戸を開けると、そこの旅姿の老武士が、毅然(きぜん)と立っていた。When Daijiro opened the door, an old samurai in traveling clothes stood loftily.
暁の霜によろわれた桑の木のような老武士であった。He was an old samurai like a mulberry tree in the frost.
解説


| henry | 12:40 | comments (x) | trackback (x) | E エピソード |
この記事のトラックバックURL
http://raku-eigo.com/tb.php?783
新着トラックバック