CALENDAR
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28    
<<  2018 - 02  >>
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
    処理時間 0.431017秒

BBS
ヘンリ-のサイト
英借文
イラストデザイン
イラスト

いとうこずえと

Phot ST
3681429


剣の誓約 A vow of sword (1)
「うまい」と、秋山大治郎がつぶやいた。”Good!" Daijiro Akiyama muttered.
ひとりごとなのである。He talked to himself.
それにしても、めずらしいことといえよう。It's an uncommon affair.
浅草の外れ、真崎(まさき)稲荷(いなり)明(みょう)神社(じんしゃ)に近い一軒家の小さな道場に独り住む大治郎は、Just outside Asakusa, near Masaki Inari Myow Shrine, Daijiro lived in a small house of swordsplay. A farmer's wife living nearby comes to prepare supper,
近辺の百姓の女房が夕飯の支度をしてくれ、我が家に帰ってしまうと、あとは黙然と夕飯を終え、
読書にふけるか、または灯を消して端坐し、いつまでもいつまでも瞑想にふけって倦 (う) むことをしらぬ。and after she goes home, he finishes his supper silently, and gives himself to reading or turns off a light, sits and keeps thinking for long time.
だがしかし、これまでついぞ[ひとりごと]など、もらしたことのない彼であった。But he has never talked to himself.


| henry | 00:08 | comments (x) | trackback (x) | E エピソード |
この記事のトラックバックURL
http://raku-eigo.com/tb.php?774
新着トラックバック