CALENDAR
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<  2018 - 10  >>
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
    処理時間 0.440511秒

BBS
ヘンリ-のサイト
英借文
イラストデザイン
イラスト

いとうこずえと

Phot ST
4168660


剣客商売 Swordsman's Business (88)
大川に沿った岸辺の枯蘆(かれあし)の上を、千鳥の群れが飛び去って行くのが見えた。A group of plovers were seen flying off over the discolored reeds along th shores of the Ohkawa.
おはるは、実家の父親が持って来た正月の餅を、川向うの大治郎の道場へとどけに行っている。Oharu went to Daijiro's swordman hall over the river in order to bring him newyear's rice cakes given her by her father.
無心に薪を割りつづける小兵衛の前に、人影が立った。A figure stood in front of Kohei who was cutting firewood innocently.
「一昨夜は、危ういところをお助け下され、かたじけのうございました」 "Thank you for helping me at a narrow escape the day before yesterday."
と、三冬が硬い声であいさつをした。, said Mifuyu by her rigid voice.
「ここが、どうしてわかった?」 "How did you know this place?"
「牛堀九万之助先生に、うかがいました。かねてより秋山先生の尊名を存じおりました。"I was told by Mr. Kumanosuke Ushibori. I had known the name of Akiyama sensei.
なれど、一昨夜は、あまりにもおもいがけぬことにて、失礼を‥‥」 But the day before yesterday, it was a big surprise, so I'm sorry I couldn't speak to you."






| henry | 00:00 | comments (x) | trackback (x) | E エピソード |
この記事のトラックバックURL
http://raku-eigo.com/tb.php?753
新着トラックバック