CALENDAR
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<<  2016 - 12  >>
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
    処理時間 0.616775秒

BBS
ヘンリ-のサイト
英借文
イラストデザイン
イラスト

いとうこずえと

Phot ST
2892447


剣の誓約 A vow of sword (22)


| henry | 21:23 | comments (x) | trackback (x) | E エピソード |
この記事のトラックバックURL
http://raku-eigo.com/tb.php?796
新着トラックバック
剣の誓約 A vow of sword (21)
「相手方は、一人・・・・?」 "The opponent is only one ---- ?"
「いかにも。なれどつきそいが別にいよう。めんどうながら、こちらはおぬしにつきそってもらおう」 "Yes. But he will come with his attendant. It may be a trouble for you, but I'll ask you to come with me."
「はい」 "Yes."
「ようきけ、大治郎。好むと好まざるとにかかわらず、勝負の決着をつけねばならぬのが剣士の宿命というものだ。"Listen, Daijiro. Like it or not, it's a fate for a swordsman to bring a match to an end.
おぬしが父の小兵衛どのは、そこを悟って、老いの坂へかかったとたんに、ひらりと身を転じたそうな・・・・Your father Kohei sensed it, and when he became old, he lightly changed himself ----.
ふ、ふふ・・・・小兵衛どのとて、ずいぶんと手きびし


| henry | 22:14 | comments (x) | trackback (x) | E エピソード |
この記事のトラックバックURL
http://raku-eigo.com/tb.php?795
新着トラックバック
剣の誓約 A vow of sword (20)
十年前の約定・・・「・と申されますと、私が、父の手もとをはなれ、大原の老師のもとへまいってより、間もなくのことで・・・・」"A promise of 10 years ago. That's some time after I left home and went to my old teacher's in Ohara,"
「そのころ、わしが老師のもとをはなれ、三月(みつき)ほど留守にしたことをおぼえていよう」 "You remember at that time when I left my old teacher and away from home for about 3 months,"
「あ・・・・」 "Yeah ----"
「おもい出したようだな」 "You seem to have recalled your memory."
しわの深い鶴岡礼蔵の口もとがゆるみ、すぐに、一文字(いちもんじ)に引きむすばれた。Reizo Shimaoka's lips curled in a smile, and then closed tight.
背中をながし終わった大治郎が礼蔵を風呂桶に入れ、Daijiro washed his back and put Reizo in the bathtub.
「遺恨試合、でしょうか?」と、問うた. "A grudge match?" asked he.
礼蔵の細い両眼には、何の光もなく、淡々として、「そうもいえよう、な」 With Reizo's eyes half-closed and not shining, he said indifferently, "It can be said so."

| henry | 12:58 | comments (x) | trackback (x) | E エピソード |
この記事のトラックバックURL
http://raku-eigo.com/tb.php?794
新着トラックバック
剣の誓約 A vow of sword (19)
剣客の宿命というものだ。"It's a fate of a kendo master.
いま、わしは、大和・芝村の大庄屋(しょうや)で、兄の鶴岡八郎右衛門の屋敷にいて、余生を送るに、なんの不足もない。I live in a premise of my brother Hachirouemon Tsuruoka who is the village headman of Shibanura, Yamato. I'm short of nothing in the rest of my life.
老いた兄夫婦も、若い兄の子たちも、幼い兄の孫たちも、長い間、故郷へもどらなかったわしを、あたたかく迎え入れてくれた・・・・My old brother couple and their children warmly welcome me in spite that I have been away from my hometown for a long time.
独り身の、名もなき老剣士のわしが、いささかの邪魔にもならぬほどに兄は富んでいる。He is rich enough to take care of an old, nameless, single swordsman like me.
七年前、老師・辻平右衛門先生が大原の里に亡くなられたときは・・・・」 Seven years ago when the old teacher Heiemon Tsuji passed away in the country of Ohara ----"
「剣を捨て、一介の老爺(ろうや)となって余生を送る、と、申されましたな」 "You said you would forget about the sword and live the rest of your life as a mere oldman."
「いった。なれど、そうはまいらぬ。相手は、十年前の約定を忘れてはいなかった・・・・ "Yes, I did. But I can not. The opponent has not forgotten about the promise of 10 years ago.
年の春に、その男から念押しの手紙が大原へ来て、大原から兄の屋敷へ送りまわされてきた」 Last spring a letter of reminder came from him to Ohara, and it was sent from Ohara to my brother's residence.
解説
・I'm short of nothing の short of は「~が不足している」という意味の熟語
・passed away は、「死んだ died」の同意語で、diedより柔らかく聞こえます。
・Yes, I did. のdidは、前文のYou said の said の代りの動詞(代動詞)です。
・reminderは、動詞「remind思い出させる」の~をする人(もの)、という意味です。英会話ではよく使います。

| henry | 10:49 | comments (x) | trackback (x) | E エピソード |
この記事のトラックバックURL
http://raku-eigo.com/tb.php?793
新着トラックバック
剣の誓約 A vow of sword (18)
「いけませぬか?」 "Can't I?"
「会わずともよい。わしが死に水は、おぬしにとってもらえばよい」 "I don't have to meet him. You can wet the lips of dying myself."
「うけたまわりましょう」 "I'll listen to you."
「真剣の勝負をいたす」 "We'll have a match by real swords."
「なんと・・・・?」 "Is that so?"
「約定(やくじょう)によって、な」 "By our mutual promise."
「どこの、だれとで?」 "With whom?"
「おぬしに、相手方へ使者に立ってもらわねばならぬ。めんどうながら、おねがいする」 "I must ask you to go on a mission to my opponent. I'm sorry to trouble you, but would you be good enough to do so?"
「は・・・・」 "Yeah ----"
「その男とは、こたびで三度目の立ち合いになる。こたびはおそらく、わしも勝てまい。"This will be the third match with him. I may not be able to win him this time."
解説
・ "Can't I?"は"Can't I go to tell my father?"の省略形です。
・「死に水を取る= wet the lips of a dying person 熟語=死につつある人の唇を濡らす


| henry | 20:58 | comments (x) | trackback (x) | E エピソード |
この記事のトラックバックURL
http://raku-eigo.com/tb.php?792
新着トラックバック
剣の誓約 A vow of sword (17)
大治郎は、大和の国から一気に江戸へ到着した礼蔵のために、久しぶりで風呂をたてた。Daijiro got a bath ready after a long time for Reiso who arrived at Edo without stopping from Yamato.
湯がわくと礼蔵を入れ、背中を流しにかかる。細身ではあるが、鉄線を何条もより合わせたような鶴岡礼蔵の体躯(たいく)であった。When the bath got ready, he put Reizo in the bath, and washed Reizo's back. He was slim, but stout like a barbed wire.
白いものがまじった総髪とは別人のように引きしまった、鍛練しつくした肉体なのである。Unlike a man with his salt and pepper head, he had a firm body fully trained.
「小兵衛殿は、お元気か?」 "Is Kohei well?"
湯気の中で礼蔵の声がやわらいだ。Reizo's soft vioce came from inside the bath.
「川向うに住んでおります。父も、鶴岡先生が見えたことを知ったなら、どのようによろこびますことか。知らせてまいります」"He lives over the river. He will be very pleased to know you are here. I'll go to tell him."
「無用」と、これは厳然たる声音(こわね)であった。"No need!" said he in a solemn voice.


| henry | 00:33 | comments (x) | trackback (x) | E エピソード |
この記事のトラックバックURL
http://raku-eigo.com/tb.php?791
新着トラックバック
剣の誓約 A vow of sword (16)
平右衛門の傍(そば)には、依然として鶴岡礼蔵がつかえてい、大治郎は礼蔵に、Beside Heiemon, Reizo Tsuruoka had been serving Heiemon, and Daijiro served Reiso as the second teacher.
[第二の師]、としてつかえ、山ふかい大原における五年間の修行を終えたのであった。He finished training for 5 years in a mountaneous area of Ohara.
終えたというよりも、老師・辻平右衛門の病死によって、大治郎の修行に終止符がうたれたといってよい。Instead of "finished", Daijiro's training ended because of the death from the disease of the old teacher Heiemon Tsuji.
「いったん、江戸の小兵衛殿のもとへ帰れ。そして小兵衛殿の指示にしたがったがよい」 "Return to Edo at Kohei's, and you had better followed the instruction of Kohei."
鶴岡礼蔵は、こういって、大和(やまと)の国・磯城(しき)郡・芝村(しばむら)の郷里へ去ったのである。Saying this, Reizo Tsuruoka left for the country of Shibamura, Shiki-gun, Yamato-no-kuni.
そのときより、足かけ六年ぶりに、秋山大治郎は鶴岡礼蔵と再会したことになる。After 6 years since then, Daijiro Akiyama met Reizo Tsuruoka again.


| henry | 20:18 | comments (x) | trackback (x) | E エピソード |
この記事のトラックバックURL
http://raku-eigo.com/tb.php?790
新着トラックバック
剣の誓約 A vow of sword (15)
こういって、大治郎十五歳の夏に、山城の恩師のもとへ[ひとり息子]をさしむけた。In this way Kohei sent his only son Daijiro to his teacher in Yamashiro in the summer when he was 15 years old.
「平右衛門先生が、お前を見て、江戸へもどれといわれたなら、おとなしゅう、もどってまいれ」 "When the teacher Heiuemon tells you to return to Edo, follow his instruction to come back to Edo." said Kohei.
と、小兵衛はいった。
ところが、大治郎はもどって来なかった。But Daijiro did not come back.
当時、六十をこえていた老先生に大治郎は気に入られたものと見える。Daijiro must have been liked by the old teacher who was over 60 years old.
これより約五年。大治郎は辻平右衛門の手もとにあって修行をつづけた。For about 5 years since then, Daijiro had been trained at Heiemon Tsuji's.


| henry | 15:42 | comments (x) | trackback (x) | E エピソード |
この記事のトラックバックURL
http://raku-eigo.com/tb.php?789
新着トラックバック
剣の誓約 A vow of sword (14)
かくて・・・・・。Then, .
江戸へ残った秋山小兵衛は、のちに四谷(よつや)・仲町(なかまち)に小さな道場をひらいたが、Kohei Akiyama who stayed in Edo opened a small kendo hall in Nakamachi, Yotsuya.
「そのときから、おれは人がかわったのよ」 "Since then, I have changed myself." said Kohei,
と、小兵衛は謎(なぞ)めいた微笑をうかべていうのだが、くわしいことは、大治郎にも語っていない。in a misterious smile, but he did not tell Daijiro in more details.
大治郎は父の道場の、剣術の稽古の響(とよ)みの中で生まれ、育った。Daijiro was born and grown up in a stir of kendo play in his father's kendo hall.
十三歳のころに、どうしても剣士として生きたい、と大治郎が小兵衛にいったとき、小兵衛は、When Daijiro said to his father, "I want to live as a kendo player by any means," Kohei replied,
「好きにせよ。これまでは、男ひとりのたしなみとして手ほどきをしてやったが、おれはお前が何になろうと、とどめはせぬ。"You can do as you like. Up to now, I have given you an exercise as an acomplishment of a man. I won't stop what you want to do.
なれど、剣をまなびたいというなら、まず、おれの手もとをはなれなくてはいけない But if you want to learn kendo play, you must first of all leave our home.
解説
・in more details のin details は、「詳しく」という意味の熟語です。moreを付けて「より詳しく」となります。

| henry | 21:57 | comments (x) | trackback (x) | E エピソード |
この記事のトラックバックURL
http://raku-eigo.com/tb.php?788
新着トラックバック
剣の誓約 A vow of sword (13)
独身の平内が七十九歳の高齢で病没したのは享保十二年(十七二七年)のことで、It was in 1727 (or in Kyoho 12) that the bachelor called Hirauchi died from a disease at an advanced age of 79.
以後は麹町の道場を杉田庄右衛門が引きうけ、名も[辻喜摩太(きまた)]と、あらためたのである。After that, Shoemon Sugita took over the kendo hall in Kojimachi, and changed his name to Kimata Tsuji.
辻喜摩太も、生涯、妻を迎えず、したがって子もなかった。He had not taken a woman for his wife, so he had no children.
そこで、愛(まな)弟子の三沢千代太郎をもって後つぎとなした。Therefore he made his favorite disciple Chiyotaro Misawa his successor.
千代太郎は、名を、[辻平右衛門]と、あらため、道場を引きついだ。Chiyotaro then changed his name to Heiemon Tsuji, and took over the kendo hall.
この、辻平右衛門の門人の中で、[竜虎]だとか[双璧]だとか評判された二人が、秋山小兵衛と鶴岡礼蔵なのである。The two who were called the twin masters among the disciples of Heiemon Tsuji are Kohei Akiyama and Reizo Turuoka.


| henry | 23:09 | comments (x) | trackback (x) | E エピソード |
この記事のトラックバックURL
http://raku-eigo.com/tb.php?787
新着トラックバック