CALENDAR
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<  2016 - 08  >>
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
    処理時間 0.630964秒

BBS
ヘンリ-のサイト
英借文
イラストデザイン
イラスト

いとうこずえと

Phot ST
2670798


剣の誓約 A vow of sword (9)
戸外に近づいて来る人の気配を知ったからだ。Because he noticed somebody coming closer outside the door.
父・小兵衛のではない足音が、道場の入口にとまり、The footsteps that were not his father Kohei's stopped at the entrance of the kendo hall.
「ごめん」しわがれた低い声がきこえた。"Excuse me." a husky low voice was heard.
戸締りもしていない土間へ大治郎が出て行くと、When Daijiro went to the earthen floor where the door was not locked,
「大治郎か・・・・・?」戸外の人が、声をかけてきた。"Daijiro?" a man outside the door spoke to him.
大治郎が戸を開けると、そこの旅姿の老武士が、毅然(きぜん)と立っていた。When Daijiro opened the door, an old man in traveling clothes stood loftily.
暁の霜によろわれた桑の木のような老武士であった。He was an old samurai like a mulberry tree in the frost.
解説


| henry | 12:40 | comments (x) | trackback (x) | E エピソード |
この記事のトラックバックURL
http://raku-eigo.com/tb.php?783
新着トラックバック
剣の誓約 A vow of sword (8)
ちなみにいうと、小兵衛の妻で、大治郎を生んだお貞(てい)は、大治郎七歳の折に病没(びょうぼつ)している。By the way Kohei's wife who gave birth to Daijiro passed away of illness when Daijiro was seven years old.
食事を終り、ゆっくりと一杯の白湯(さゆ)をのみ終えた大治郎が、仰向(あおむ)けにしずかに寝た。After the meal Daijiro slowly drank a cup of hot water, and lay softly on his back.
これも父から仕つけられたことなのである。約半刻(はんとき) (一時間)、そのまま目を閉じ、静臥(せいが)するのだ。This is what was taught by his father. After about one hour, he closes his eyes and rests.
これは日常の食事にさいしてのことなのだが、別に、ごく短い時間のうちに食事を摂る仕様も大治郎は身につけている。This is what he does in his daily meals, but he sometimes takes meals in a very short time.
春の気配が、夜気にたれこめていた。Spring has come in the night air.
ぬくもって重い闇が、大治郎の寝ている小間以外の場所をおおっている。Warm and heavy darkness covers any other places than the small room where Daijiro lies.
と、大治郎の両眼がひらいた。Suddenly he has opened his both eyes.


| henry | 23:50 | comments (x) | trackback (x) | E エピソード |
この記事のトラックバックURL
http://raku-eigo.com/tb.php?782
新着トラックバック
剣の誓約 A vow of sword (7)
こうして秋山大治郎は、初の入門者を三日でうしなった。This way Daijiro Akiyama lost his first disciple in 3 days.
だが、高尾勇次郎が入門にさいしておさめた束脩(そくしゅう)の金で米・味噌をあがない、But he bought rice and miso by the money of the entrance fee paid by Yujiro Takao,
半年に一度、支払う取りきめになっている百姓の女房の給金をわたすことができた。and could give the farmer's wife the wages to be paid once half a year.
飯も汁の実も、噛(か)んで噛んで、強いていえばほとんど唾液化するまで噛みつぶし、腹へおさめる大治郎の食事は非常に長くかかった。He chewed and chewed rice and ingredients of the soup until they became liquid.
つまらぬように見えても、大治郎にとっては、これが剣士としての心得であり、Boring it might seem, Daijiro understood it was a skill for swordsmen, and it was the first step for him that had been taught by his father Kohei.
幼少のころから父・小兵衛に仕つけられた修行の第一歩だったといってよい。

| henry | 17:44 | comments (x) | trackback (x) | E エピソード |
この記事のトラックバックURL
http://raku-eigo.com/tb.php?780
新着トラックバック
剣の誓約  A vow of sword (6)
二十三歳の高尾勇次郎は一日目に五十回を振ってやめ、二日目にはふらふらと八十数回。Twenty-three years old Yujiro Takao finished his swings 50 times on the 1st day, and went to eighty-several times on the 2nd day.
三日目には百回で、道場にへたりこんでしまい、On the 3rd day, he sank down to the floor after 100 times.
「二千遍、振れるようになるまで、稽古をつけては、いただけませぬか?」"Can't I have lessons before I can swing 2,000 times?" said he to Daijiro swelling his cheeks.
頬をふくらませて、大治郎にいった。
「いかにも」と、一言。大治郎はにべもなかった。"That's right." Daijro made a curt reply.
翌日から、もう高尾勇次郎は道場にあらわれなかった。From the next day, Yujiro Takao did not appear in the kendo hall.
これまでに、どこぞの道場へ通っていて、すこしは木刀や竹刀(しない)をあつかい馴れていた勇次郎だけに、He had been going to a kendo hall and used to handle wooden or banboo swords, so he semmed to become absurd in spite that his father told him to go to Akiyama's kendo hall.
いくら父・左兵衛が「これよりは秋山道場へ行け」と指図したにせよ、ばかばかしくなってしまったものと見える。
個人道場で暮らしをたてていくからには、弟子たちを適当にあしらい、たまさかには一つ二つ撃たれてやって、弟子たちのきげんをとるのが当節なのである。In order to live a life in an individual kendo hall, the teacher has to satisfy his discipes by dealing with them properly and being hit by them once in a while.
解説
・once in a while は「たまには」という意味の熟語です。sometimesより頻度が少ない表現です。

| henry | 21:02 | comments (x) | trackback (x) | E エピソード |
この記事のトラックバックURL
http://raku-eigo.com/tb.php?779
新着トラックバック
剣の誓約 A vow of sword (5)
昨年の夏、秋山大治郎が、老中(ろうじゅう)田沼意次(たぬまおきつぐ)の中屋敷(別邸)でおこなわれた剣術試合にみごとな手練(しゅれん)を見せたのを知っていた七百石の旗本で、湯島植木町に屋敷
をかまえている高尾左兵衛が、次男・勇次郎を、Sahei Takao is a 700-koku direct retainer of the shogun having his residence in Yushima-Uekicho and knows that Daijiro Akiyama showed a great skill in a swordplay match held last summer in a villa of Okitsugu Tanuma, a senior councillor of the shogun. He sent his second son Yujiro together with his servant to Daijiro's kendo hall on January 18 to ask Daijiro to accept him as a disciple.
「ぜひとも門人に・・・・・」
と、用人をつきそわせ、この正月十八日に、大治郎の道場へさしむけてよこした。
「お引きうけいたしましょう」と大治郎は、その日から勇次郎に、四貫目の振棒(ふりぼう)をあたえた。Daijiro accepted his request, and on that day he gave Yujiro a 15-kirogram rod which was thick evergreen oak and 6-feet long with a barbed wire attached.
赤樫(あかがし)でつくられた振棒は六尺余のふといもので、これに鉄条がはめこまれている。
その重い振棒を、「先ず、二千遍は振れるように」Daijiro said to him, "Swing it 2,000 times."
大治郎は、そういうのである。


| henry | 08:58 | comments (x) | trackback (x) | E エピソード |
この記事のトラックバックURL
http://raku-eigo.com/tb.php?778
新着トラックバック
剣の誓約 A vow of sword (4)
もう一度、大治郎はいい、汁と飯を交互に口に入れはじめた。Daijiro said again, and began to put in his mouth the soup and the rice alternatively.
この安永七年(一七七八年)で二十五歳になった彼の、彫りの深い若々しい面上(おもて)に、食物を摂(と)る動物の幸福感がみなぎっている。He became 25 in 1778, and his clear-cut young face showed the happiness of an animal eating food.
依然、大治郎の道場へ入門して来る者はいなかった。Still no disciple came to Daijiro's kendo hall.
父の小兵衛は「道場をたててやったのだから、これからは、お前ひとりでやれ」といい、援助をしてくれないし、His father Kohei said to him without any more help, "Since I have built a kendo hall for you, you should manage it yourself."
実は大治郎、米も味噌も底をつきそうになっている。Actually rice and miso are running short.
いや、実は、入門者が一人あった。But as a matter of fact, one disciple came.
解説
・manage it は「何とかそれを処理する、やっていく」という意味の熟語です。
・Since I have built の「Since」は「~なので」という意味の接続詞です。



続き▽
| henry | 00:00 | comments (x) | trackback (x) | E エピソード |
この記事のトラックバックURL
http://raku-eigo.com/tb.php?777
新着トラックバック
剣の誓約 A vow of sword (3)
よく肥った田螺貝(たにし)を水につけて泥を吐かせ、味噌煮や木(こ)の芽和(めあ)えにしてもよいが、Big pond snails are put in the water for having them spew mud, and may be cooked in miso.
味噌汁の実にすると、But when they are put in miso soup, "I believe that's better than corbicula miso soup."
「いやもう、おれは蜆汁(しじみじる)よりもうまいとおもうな」
と、これは大治郎の父・小兵衛のことばである。This is the comments of Kohei, the Daijiro's father.
おもいがけなく、田螺汁が出たのは、唖(おし)の女房が、百姓の夫と共に採ってきた田螺を大治郎に食べさせたかったのであろう。The reason why the pond snail miso soup was served is because the dumb farmer wife wanted to have Daijiro eat the pond snails that were caught together with her husband.
あまりにも長い間、根深汁ばかりの毎日だっただけに、さすがの秋山大治郎も、田螺汁に嘆声を発してしまったことになる。Daijiro Akiyama had been eating only onion soup every day for so long a time, so he uttered a sigh over the pond nail soup.
「うまい」 "Good!"


| henry | 00:00 | comments (x) | trackback (x) | E エピソード |
この記事のトラックバックURL
http://raku-eigo.com/tb.php?776
新着トラックバック
剣の誓約 A vow of sword (2)
[ひとりごと]は、人間の孤独が、(おのずから声となって、発せられるもの)だという。"Monologue" is a phenomenon in voice naturally uttered by a person's solitude.
それなら大治郎は、このような明け暮れをくり返していて、いささかもさびしいおもいをしていないことになる。That's why Daijiro does not feel lonely at all with this kind of daily monologue life.
それがおもわず、百姓の女房の味噌汁(みそしる)に舌づつみをうち「うまい」と声にのぼせたのは、よほどうまかったにちがいない。The reason why he smacked his lips on the miso soup made by the farmer's wife and uttered instinctively "Good!" must have been because the soup was so highly good.
昨年の秋から、大治郎は麦飯に根深汁(ねぶかじる)のもの食事で暮らしつづけてきたのだが、今夜は、味噌汁へねぎのかわりに田螺(たにし)が入っていた。Since last fall he has been having meals of barley rice and onion soup, but this evening pond snails were in the soup in place of onions.
この蝸牛(かたつむり)によく似た淡水螺貝は、水田や池・沼などに産し、春田の霜が解けるころから、いくらでも採れる。This fresh water pond snails that look like snails are in paddy fields, ponds and swamps, and can be got as many as you like when frost melts in spring paddy fields.


| henry | 09:58 | comments (x) | trackback (x) | E エピソード |
この記事のトラックバックURL
http://raku-eigo.com/tb.php?775
新着トラックバック
剣の誓約 A vow of sword (1)
「うまい」と、秋山大治郎がつぶやいた。”Good!" Daijiro Akiyama muttered.
ひとりごとなのである。He talked to himself.
それにしても、めずらしいことといえよう。It's an uncommon affair.
浅草の外れ、真崎(まさき)稲荷(いなり)明(みょう)神社(じんしゃ)に近い一軒家の小さな道場に独り住む大治郎は、Just outside Asakusa, near Masaki Inari Myow Shrine, Daijiro lived in a small house of swordsplay. A farmer's wife living nearby comes to prepare supper,
近辺の百姓の女房が夕飯の支度をしてくれ、我が家に帰ってしまうと、あとは黙然と夕飯を終え、
読書にふけるか、または灯を消して端坐し、いつまでもいつまでも瞑想にふけって倦 (う) むことをしらぬ。and after she goes home, he finishes his supper silently, and gives himself to reading or turns off a light, sits and keeps thinking for long time.
だがしかし、これまでついぞ[ひとりごと]など、もらしたことのない彼であった。But he has never talked to himself.


| henry | 00:08 | comments (x) | trackback (x) | E エピソード |
この記事のトラックバックURL
http://raku-eigo.com/tb.php?774
新着トラックバック
剣客商売 Swordsman's Business (107)
大治郎は依然、一椀(わん)の汁と麦飯に腹をみたしつつ、道場に独り立って剣をふるい、Daijiro is used to have a bowl of miso soup and barley rice, and draws his sword himself in his kendo hall.
また、時には二日も三日も食を断ち、端坐したまま瞑想(めいそう)にふけっていたりする。Sometimes he fasts for a few days, and meditates kneeling on the floor.
近所の百姓たちは、Farmers nearby goships about him,
「道場の先生、真崎さまの狐(きつね)が憑(つ)いたのではなかろうか‥‥」 "A fox in Masaki Shrine might have got into the Sensei's body ----."
などと、うわさし合った。


| henry | 00:01 | comments (x) | trackback (x) | E エピソード |
この記事のトラックバックURL
http://raku-eigo.com/tb.php?773
新着トラックバック